2008年01月22日

音景 L006 ゆく年くる年

onkeiLOGO01.jpg


音景

ゆく年くる年

年明け早々、近所のお寺と神社に行ってきた。

冷気の中を小走りに歩くと除夜の鐘が聞こえてくる。
大晦日のうちに107回
最後の1回は年明けにまたがるように撞くのだそうだ。
しかし、深い眠りのない都会の除夜の鐘は
ちょっと風情に欠ける気もする。

神社の方はさらに賑やかだ。
雅楽の音色もおめでたい気分を盛り上げる。

お参りをすませると さっそくおみくじ。
たかがみくじ‥と思いつつも やはり大吉が出ないかと期待する。
見事 引き当てたときには 見ず知らずの人にも言いたくなるはなぜだろう。
定かではないが 正月には「大凶」は出ないと云われている。

幸運の順序は
大吉 > 吉 > 中吉 > 小吉 > 末吉 > 凶 > 大凶 なのだそうだ。

引いたおみくじを持ち帰ったり
境内の木にくくりつけたりと諸説あるが
地域によって作法は微妙に異なるみたいだ。

お寺に神社と節操がないが
子供のころからの習慣だから仕方がない。

粋な振る舞いと感じられる風俗として
後世に残したい風景である。(L 006)

Directed by Liaison 2008.1.22

(C)2008 Lop-Pow All rights reserved.
posted by ラップパウ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Liaison | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。